Help

11.13旅その4.Max&mini残2機種13日の金曜日発売“展示#iPhone12Proゴールド裏”11より品があり良い「高くてもProがお買い得と思う理由望遠カメラにとどまらず」Appleらしさ

  • 1
  • 79

Photos: 11.13旅その4.Max&mini残2機種13日の金曜日発売“展示#iPhone12Proゴールド裏”11より品があり良い「高くてもProがお買い得と思う理由望遠カメラにとどまらず」Appleらしさ

Photos: 11.13旅その4.Max&mini残2機種13日の金曜日発売“展示#iPhone12Proゴールド裏”品があり11Proより良いAppleらしさ「見えた買い換えへの決断ポイントと新しいProの定義」 Photos: 10.25#危険なビーナス第3話エンディング直筆手書き「今度、お義兄様の手作りのも食べさせてください」温かさ優しさ人間性が見える生きてるからメールLINEより昔から好き手書きに惚れられる。#吉高由里子

かつて愛用していたiPhone 5sのフレームの回帰と11Pro最新全背面の融合は、Appleらしさを取り戻した。
結果、デザインだけでも人気そこへA14とカメラ、無敵です。

11月13日の金曜日は、発送買い物冬支度通院夜食そしてiPhone12ProMax発売日展示も開始他の忙しく疲労の旅でした。いまだ4日経っても疲労がひどくインフルかコロナか?と思うほどです。人のショックとストレスからもある。

新型iPhoneは発売後、毎年展示を見ています。いろいろ過去見てきて、使ってきて思いましたが、iPhone5sは名機で、現在愛用ギリのiPhone7Plusもホームボタンと大画面と画質の良さなど文句ありません。しかし4年…バッテリーも。それにiPhone12シリーズの良さです。

このショップでは「訳あってきょうMax/mini展示できず、ノーマル12Proゴールドは以前から展示されていて、一応、チラッとだけ見て触って撮影してきました。
実物でガッカリも多くあるiPhoneですが、やはり12は思ったとおり裏切らないスタイリッシュ、素晴らしさです。11までの丸みあるフレームは持ちにくいでした。ときめかなかった。

ゴールドカラーも一新され「品のある黄色味がかったまさにゴールド」カラーのフレームです。ピンクゴールドではないので男性でもアリです、それでもゴールドなのでやはり女性がアクセ感覚のほうがオシャレです、つまり服を選んだりするカラー。
とにかくAppleらしい高級感もあります。Proならではです。
どのカラーも入荷待ちで売れてるのも納得です。

わたしはMax予約済みですが、収まり感、女性が持つにはジャストな気がします。背のある男性などはバランス的に“電話”ドラマでよく電話してるシーンにはピッタリで、その他のシーン(カメラ撮影、ネット閲覧など)大きな男性には小さい電話でこちょこちょダサく見えそうです。チビな男性ならジャストだと思いますが。

本田雅一のクロスオーバーデジタル:「iPhone 12」は“高くてもProの方がお買得”と思う理由 違いは望遠カメラにとどまらず 10.15
「…今年は外装構造が変化したり、5Gモデムを内蔵したりといった変化もあるが、ユーザー体験の質という切り口で見たとき、ディスプレイとカメラが大きな評価ポイントであることは否定できない。
…iPhone 12 Proシリーズは何が違うのか。細かな性能の違いは実機にて評価したいが、その違いは「こだわり」にあると思う。とりわけカメラについて、どこまでこだわるかで選ぶべき製品が変わる。
…今回はカメラRAWに対して、A14 Bionicが施した映像分析結果の情報を付加したApple ProRAWフォーマットへの対応はiPhone 12・12 miniでは行えない(そもそもこの機能は年内に追加されるボーナス機能の扱いだ)。
…コンピュテーショナルフォトグラフィーという言葉を今年多用しているAppleだが、実際にその取り組みを大幅に取り入れたのはiPhone 11の世代だった。そしてiPhone 12と12 Proシリーズにおいても、その路線に変更はない。最新のA14 Bionicに搭載されるNeural Engine、ISP、機械学習アクセラレータ、GPUなどを活用し、iPhone 11と11 Proシリーズにおけるカメラ画質向上路線をさらに引き上げている。
演算によって光学特性をシミュレートし、結果として得られる写真の質を高めるという考え方を突き詰めていけば、演算能力が高まるほどに画質も向上する。従って1年分、SoCの能力が高まれば、その分、画質も向上する。…搭載する全てのカメラで、「ナイトモード」や「スマートHDR」
…12 Proには赤外線レーザーを用いて対象物との距離や形状を測定する「LiDAR」スキャナが組み込まれている。
…LiDARを用いれば、画素ごとに距離情報を得ることが可能だ。しかも明るさに影響しないため、暗所でも正確に距離の測定が可能で、ナイトモードに切り替えが必要なほど暗い中でも、iPhoneはカメラ位置から見たときの景色を把握できる。これまでアウトカメラでは、複数のレンズが搭載されている位置のわずかな視差をもとに、ニューラルネットワーク処理で背景と被写体を切り抜いていたが、画素ごとの距離情報が判別できれば、もっと詳細なデプス(深度)マップをカメラ画像に適用できる。被写体の形状や背景との分離を的確に捉えることができれば、その形状や距離に合わせて光学シミュレーションが行えるため、よりリアリティーの高い写真を得ることが可能になる。もちろん、どのレベルまでできるかはセンサーの質と処理するプロセッサの能力に依存するが、LiDARのあるとないでは、今後のアップデートも含めてコンピュテーショナルフォトグラフィーで突き詰められる奥行きが変わってくる。
…動画の撮影機能も進化が目覚ましい。むしろ動画画質の向上の方が、今回のiPhone 12と12 Proシリーズでは目玉と言えるかもしれない。何しろHDR(ハイダイナミックレンジ)映像を録画し、「Dolby Vision」形式で保存可能になったのだ。
…さらに望遠カメラの有無やLiDARの有無、アルミフレーム(iPhone 12)とステンレスフレーム(12 Pro)の違いなどもあり、絶対的な価格はともかくとして、iPhone 12 Proの方がお買い得なのではないかと感じている。
…一方でiPhone 12 Proと12 Pro Maxの違いもまた、以前とはその関係が異なっているので、最後に言及しておきたい。両者ともiPhone 12シリーズに対しては望遠カメラが追加されているが、広角カメラと望遠カメラ共に違いがある。
広角カメラはどちらも26mm相当の画角だが、iPhone 12 Pro Maxは従来より47%大きな1.7μmのイメージセンサーを採用するとともに、従来より安定した手ブレ補正が可能になるというセンサーシフト式の手ブレ補正機構を組み込んだ。
また望遠カメラはiPhone 12 Proの52mm相当という画角(従来と同じ)に対して、12 Pro Maxでは65mm相当とより望遠側に振られている。iPhone 12 Pro Maxは、その中間の画角では複数カメラの情報をもとに写真を生成するため、望遠に寄りすぎることによるデメリットは少なそうだ。…」
https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2010/15/news113.html

【新品・未使用・未開封】iPhone 12 Pro SIMフリー ゴールド
https://twitter.com/y4uk/status/1328734070013001730

Albums: Public

Favorite (1)

1 people have put in a favorite

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.