Help

11.26ウイイレアプリでも“ディエゴマラドーナ氏のご逝去について”急すぎ若すぎコロナじゃないやっぱ最悪の年だ…「5人抜きなど伝説のプレー/メッシやロナウドから追悼の声永遠/岡田武史氏:強盗が見逃す神

  • 91

Photos: 11.26ウイイレアプリでも“ディエゴマラドーナ氏のご逝去について”急すぎ若すぎコロナじゃないやっぱ最悪の年だ…「5人抜きなど伝説のプレー/メッシやロナウドから追悼の声永遠/岡田武史氏:強盗が見逃す神

Photos: 11.24到着その2.開封の儀“Apple特製組み立てプチプチもガムテもないのに頑丈上下左右完璧保護ダンボール梱包”iPhone 12 Pro Maxパシフィックブルー箱☆お目見え!捨てれないXmas Photos: 11.24(2.4お誕生日)iPhone12ProMax arrival! into packing box from AppleStore"DO NOT BREAK SEAL"UN3481表示。到着

急すぎる…若すぎる…コロナじゃないのに…やっぱ最悪の年だ…。

◎◎◎◎◎◎
2020-11-26
お知らせ
ディエゴ マラドーナ氏のご逝去について
サッカー界の偉大なレジェンド、ディエゴ マラドーナ氏のご逝去に心よりお悔やみを申し上げます。
1986年の国際大会での「5人抜き」ドリブルなど、数々の素晴らしいプレーでファンを魅了した彼の活躍を改めて称え、ご冥福をお祈りいたします。
◎◎◎◎◎◎

サッカー マラドーナ氏が死去 「5人抜き」など伝説のプレー 11月26日 12時51分
「サッカーの元アルゼンチン代表で、1986年のワールドカップでアルゼンチンを優勝に導いたことでも知られる、ディエゴ・マラドーナ氏が25日、60歳で亡くなりました。
アルゼンチン政府は3日間、全土で喪に服すことを決めました。
…現役時代はその卓越した技術から「神の子」とも呼ばれ、1982年から4回連続でワールドカップにアルゼンチン代表として出場し、サッカー史上、世界最高の選手の1人として知られていました。

1986年のワールドカップ・メキシコ大会では準々決勝のイングランドとの試合で、ドリブルで相手の5人の選手を抜いてゴールを決めた「5人抜き」や、ヘディングと見せかけて左手でシュートを決めた「神の手ゴール」など伝説のプレーを残し、チームを優勝に導きました。
…マラドーナ氏は今月初め、ブエノスアイレスの病院で頭部の手術を受けたあと、郊外にある自宅で療養を続けていましたが、25日、亡くなりました。

マラドーナ氏の死去を受け、アルゼンチン政府は25日から3日間、全土で喪に服すことを決め、期間中、大統領の公務をすべて中止すると発表しました。

アルゼンチンのフェルナンデス大統領は「あなたは私たちを幸せにしてくれる世界で最も偉大な選手だった。ありがとう、ディエゴ。あなたのことをずっと思い続ける」とコメントし、その死を悼んでいます。
…サッカーの王様」として知られる元ブラジル代表のペレ氏は、自身のツイッターに「なんて悲しい知らせだ。私は偉大な友人を失い、世界は伝説的な人を失った。天国で一緒にボールを蹴ることができますように」と投稿し、マラドーナ氏の死を悼みました。

また、1986年のワールドカップ準々決勝でマラドーナ氏の「神の手」と「5人抜き」の2ゴールによって敗れた元イングランド代表のリネカー氏は、自身のツイッターに「私と同じ世代の中で最高の選手であり、間違いなく史上最高の選手だ」と投稿し、マラドーナ氏をたたえました。

一方、アルゼンチン代表でマラドーナ氏と同じ背番号「10」をつけてプレーしているメッシ選手は、インスタグラムにマラドーナ氏と笑顔で肩を寄せ合う写真と握手を交わしている写真をメッセージを添えて投稿しました。

この中でメッシ選手は「すべてのアルゼンチンの人たちとサッカー界にとってとても悲しい日だ。彼はこれからも私たちのそばにいる、だってディエゴは永遠だから」と記しています。
…マラドーナ氏の死去を受けて、母国アルゼンチンやプレーしていたイタリアでは多くのファンがその死を悼みました。

このうちアルゼンチンの首都ブエノスアイレスでは25日、マラドーナ氏が幼少期を過ごした家の前に多くの人たちが集まり、アルゼンチンの国旗とともに、ろうそくをともして花を手向け、黙とうをささげていました。
…国連のハク副報道官は定例の記者会見で「とても悲しい知らせだ。彼は多くの人に感動を与えた。親善大使としても多大な貢献をしてくれた」と述べ、国連の活動への功績をたたえました。

マラドーナ氏は現役を退いたあと、ユニセフ=国連児童基金などが提唱して2006年に始まったサッカーの有名選手による慈善試合に参加したのをはじめ、ユニセフの活動に協力してきました。
…1986年のワールドカップメキシコ大会、準々決勝のアルゼンチン対イングランドの試合で実況を担当した元NHKのアナウンサー山本浩さんは「かなり驚いた。大きな星が落ちたという印象だ。取材中の記者がマラドーナさんに対しては一斉に質問を始めるなど吸引力があった」と振り返りました。

そして5人抜きの際の実況については「さわっていないのに相手の選手がバタバタと倒れ、磁石にはじかれたように遠ざかっていく。あのようなシーンはほかのプレーで見たことなく、『マラドーナ』としか実況しようがなかった。希代のプレーヤーだと思う」と話しました。

そのうえで、「マラドーナは自分にボールが来ないと何もしない。突然出てきて、すごいプレーをしてまた消えてしまうという印象の濃い主役だ。昭和平成にかけての人間にとっては大きな財産が失われた。寂しさを感じる」とスーパースターの死を悼んでいました。」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201126/k10012731231000.html

マラドーナ氏は「永遠」、メッシやロナウドから追悼の声
11月26日10:39 発信地:ロンドン/英国
「史上最高の選手の一人に向けられた、サッカー界からの追悼のメッセージをAFPがまとめた。
「きょう悲しいニュースがあった。私は親愛なる友を失い、世界はレジェンドを失った。言いたいことはもっとあるが、ひとまず、神が彼の家族に力を与えてくれますように。いつか天上で一緒にサッカーができることを願う」
──元ブラジル代表のレジェンド、ペレ(Pele)氏

「アルゼンチン人全員、そしてサッカーにとってとても悲しい日だ。彼は私たちの元を去るが、いなくなりはしない。彼は永遠だから。彼と共有した多くの素晴らしい記憶が残っている。彼のご家族とご友人にお悔やみ申し上げる」
──6度のバロンドール(Ballon d’Or)受賞を誇るアルゼンチン代表のリオネル・メッシ(Lionel Messi)

「きょう私は友人に別れを告げ、世界も永遠の天才に別れを告げる。史上最高の一人であり、比類なきマジシャン。去るのがあまりにも早いが、彼は無限の遺産と、決して埋まることのない空白を残していった。安らかに眠れ、エース。あなたは決して忘れ去られない」
──5度のバロンドール受賞を誇るポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウド(Cristiano Ronaldo)

「私の世代では群を抜くベストプレーヤーであり、間違いなく史上最高の選手。恵まれながらもトラブルに見舞われた人生を終え、彼が最終的に神の手中に安らぎを見つけられることを願っている。#RipDiego」
──元イングランド代表のギャリー・リネカー(Gary Lineker)氏

「数年前にアルゼンチンで目にした横断幕に、『あなたが自分の人生で何を成し遂げたかではなく、われわれの人生で何を成し遂げたかが重要』というものがあった。歴代には信じられない選手が数人いるが、彼もその一人。われわれ世代の人々にとって、メキシコで行われた1986年のW杯はこの競技をより優れたものにした大会だった」
──イングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・シティ(Manchester City)のジョゼップ・グアルディオラ(Josep Guardiola)監督

「われわれ全員をビューティフルゲームのとりこにさせ、ディエゴがサッカー界のために成し遂げたことは他に例を見ない。彼がそうであるように、それはただ計り知れない」
──国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ(Gianni Infantino)会長

「われわれの過去の一部が去った…。素晴らしかった時代のことを懐かしく思う」
──元フランス代表のレジェンド、ミシェル・プラティニ(Michel Platini)氏

「僕らはあなたを絶対に忘れない。あなたはずっと僕らといる。#ThankyouDiego」
――アルゼンチン代表のセルヒオ・アグエロ(Sergio Aguero)

「サッカーは最大のアイドルを失い、私も子どもの頃から刺激を与えてくれた親友を亡くした。彼が逝ってしまったことにショックを受けているが、彼に巡り会えたことに感謝している。エル・ピベ(マラドーナ氏の愛称)、あなたが残してくれたものは永遠だ。あなたがピッチ上で見せたマジックは決して忘れ去られない」
──元ブラジル代表のレジェンド、ロナウド(Ronaldo)氏」
https://www.afpbb.com/articles/-/3317955

岡田武史氏明かすマラドーナ伝説「強盗が見逃す神」11月26日20時40分
「…心不全を起こしたという。10月30日に60歳になったばかり。栄光と挫折の明暗が色濃い、波瀾(はらん)万丈の人生だった。
元日本代表監督の岡田武史氏(64=J3今治オーナー)も「まだ60歳で…。早すぎる」とマラドーナさんの急逝に驚いた。「知人が腕に彼の入れ墨をしていて『そんなに好きなの?』と聞いたら『アルゼンチンに行って強盗に襲われても、見せれば逃がしてくれるから』と。本当に大丈夫らしい。まさに神の子。サッカー界の枠を超え、マイケル・ジョーダンやアイルトン・セナのような神懸かった人たちの1人」と評した。

86年W杯は「神の手、5人抜きは当然、自分にとっても強烈だった」。翌87年には対戦した。旧国立競技場で行われた日本リーグ選抜-南米選抜。「個人的な印象だけど、遊んでたというか…本気でやってなかったね(笑い)。試合後、なぜかプーマのキャプテンマークをもらった。すぐ誰かにあげちゃったけど。そういうのに、こだわりがない人間で」という、岡田氏らしい思い出も残っている。

続けて「メッシも、まだ彼を超えていないんじゃない?」と指摘した。「誰もボールを奪えなかった。メッシは失う時もあるけど、マラドーナは速い上に体がゴムまりみたいで。はねるような瞬発力でかわし、当たりにいっても、はじき返す力強さがあった。ほとんどボールを取られることがなかったんじゃないかな」と天賦の才に舌を巻いた。

10年ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会には、ともに自国の監督として出場した。現役ほど輝けず「スーパースター過ぎて指導者としては難しかったのかな」と推し量りつつ、「それでも英雄として愛された。悪いことをしても彼だけは許された。神の子だから、としか説明できないよ」と悼んだ。」
https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/202011260001018.html

DVD #ディエゴ・マラドーナ
https://twitter.com/y4uk/status/1331990346088148993

Albums: Public

Favorite (0)

No one has added this photo to his favorite.

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.