Help

能勢電鉄 『さよなら 3100系』 その7 最終版

Photos: 能勢電鉄 『さよなら 3100系』 その7 最終版

Photos: 能勢電鉄 『さよなら 3100系』 その6 Photos: 能勢電鉄 『さよなら 3100系』 その3

ここでレンズを交換しました。
マナーの悪いガキ鉄や脚立族からの対策です。
本番は、太陽も差し込み、いい感じで収まりました。

緊急事態宣言が出るそうなので、現在、私の相方である新人を東京なは帰すことにしました。
同時に、五月末まで、滞在が延長されたんですが、若い時に海外での苦労と比べると、自分の中では、まだまだ大丈夫なんですけれどね。あの時は、本当にに明日が見えなかった。微かな光が明日だと?信じた時でしたから。そんな折、私の師匠が、、、年齢は、二歳、私より若いんですが、フケ顔なので、仲間内から、そう呼ばれていました。
彼が言うには、光あるところに、影があり、影があるところに、光が生まれる。悪い事の先には、光があるんだから、、、そんな彼も、一昨年、いきなりの脳溢血で死んでしまいました。
最後は、酔っ払いって、喧嘩して別れたんですけと、
彼との思い出は、苦しいかったけど、楽しかったことしか思い出せませんね。

Favorite (31)

31 people have put in a favorite

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.